FX初心者が5日で60.84pipsを獲得・22勝7敗・6/4~6/8の結果

FXトレード

2018年6月4日(月)~6月8日(金)・1週間のトレード結果です。まだまだ右往左往しているFXトレードですが、ダウ理論とグランビルの法則を勉強することで少しずつ精度が上がってきました。

秒速スキャルのサインツールや他のFXのツールは存分に使っていいと思いますが、基礎ができていないとツールの効果を発揮できません。FXの基礎(チャートの基礎)はダウ理論とグランビルの法則です。エントリーのためのサインツールを使う前に、ダウ理論とグランビルの法則の勉強をお勧めします。

結果は22勝7敗・勝率75%、60.84pips獲得、期待値は2.09pipsでした。

日付 勝敗 獲得pips
4日(月) 1勝0敗 9.44pips
5日(火) 10勝4敗 -9.89pips
6日(水) 3勝0敗 16.77pips
7日(木) 4勝1敗 18.02pips
8日(金) 8勝2敗 26.50pips
合計 22勝7敗 60.84pips

維新流トレード術

FX初心者でもトレンド方向にエントリーすれば勝率が上がり、儲けることが出来る

仮想通貨に投資をした去年は、どちらかと言えば「手っ取り早く儲かる」方法に目が向いていました。昨年の仮想通貨業界は地合いがよく、仮想通貨を持っているだけで勝手に資産が増える状況でした。

今年のはじめに地合いが一気に変わり、春頃には半分以下の価格にまだ下がってしまい慌てたものです。含み損を抱えた状態では何も生みませんので、FXをはじめました。

FXをはじめたものの、チャートを読む力がなければ稼ぐことは出来ません。4月頃から毎日チャートの勉強を続けていますが、ようやく勉強の成果を発揮できるようになってきました。

FXトレードの勉強と言っても沢山の内容がありますが、いちばん大切なのはダウ理論とグランビルの法則です。ダウ理論ではトレンドが発生しているかを確認出来、グランビルの法則ではエントリーポイントを見つけることが出来ます。

まずはダウ理論をマスターし、トレンドの波に乗ったFXトレードをお勧めします。

MEMO
ダウ理論ではトレンド継続や転換、グランビルの法則ではエントリーポイントを確認できる

FXではダウ理論でトレンドが発生しているかが確認できる

FX初心者は難しいことをせず、基本に忠実にトレードすることが収益を上げるための近道です。一番簡単な方法は、チャート上でトレンドが発生している方向に沿ってトレードすることです。(ダウが成立している状態)

トレンドに沿ってエントリーすることを順張りと言い、トレンドが発生しているか否かを確認するにはダウ理論を使います。

ダウ理論で一番抑えておきたいのは高値と安値の更新です。

①安値と高値更新によってトレンド継続を確認

下記のチャートはドル円の1時間足です。①のゾーンは安値と高値が更新している(切り下がっている)ので下降トレンドが継続しています。

この安値と高値が更新し続ければトレンド継続の確定です。トレンドが継続していれば、継続している方向にエントリーすることで楽に利益を伸ばすことが可能です。

クリックで画像が大きくなります。

ダウ理論・トレンド継続と転換

②継続していた安値更新のストップによりトレンド転換の予兆

更新されていた(切り下がっていた)安値が更新されず、切り上がっています。この時点でトレンド終了の可能性がありますが、まだ下降トレンドです。

③直近の高値と安値が更新されトレンド転換

安値が更新(切り下がらず)されずに切り上がり、高値も更新(切り下がらず)に切り上がったのでトレンド転換が確定です。

上記のようにトレンドの継続と転換がわかれば、トレンドが継続しているときにエントリーすれば利益を伸ばしやすいのがわかります。上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかがわかりにくい相場では利益が伸ばしにくい上、なによりもFX初心者にはハードルが高すぎます。

レンジ相場やトレンドが不明な場合、エントリーせずに静観しておくことがFX初心者には必修です。

FX初心者でも1日平均10pips以上取れたシンプルな理由

FXを初めて2ヶ月目ですが、今週は1日10pips以上(5日で60.84pips)取ることが出来ました。地合いが多少良かったのもありますが、なんと言っても毎日のトレードノートによる復習と、地道な勉強と練習・トレードの結果です。

1日に30pips負けたときは発狂しそうになりましたが、この失敗を読者の皆さんに知っていただくことがストレス発散に繋がりました。自分の失敗を隠したいと思いがちですが、私は全く逆です。

失敗を公開することで自分を戒め、自分の今の実力を冷静に見ることが出来ます。失敗は最強の経験です。

時間がある方はトレードノートをブログにして公開するのもありでしょう。決して格好をつけず、ありのままの自分の実力をさらけ出すことで、自分が持っているFXトレードの実力を知ることが出来ます。

勉強、練習・トレード、公開、反省のサイクルが1日10pips(5日で60.84pips)を取ることが出来た理由です。

MEMO
FXトレードは勉強、練習・トレード、公開・反省(トレードノート)の繰り返しで精度が高まる

維新流トレード術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.