0勝4敗・-33.08pipsの損失・チキントレード連発の月曜日・2018年5月28日・FXトレードノート

FXトレード│FXイン

2018年5月28日のトレードノートです。ドル円、豪ドル円とも上昇トレンドから下降トレンドへ向かっている、もしくは大きな押し目を作っています。相場がごちゃごちゃしていますのでドル円と豪ドル円のトレードは見送りです。

ユーロ円とユーロドル、ポンド円がトレードに向いてる下降トレンドに入っています。トレードがしやすい相場環境こそ勝率や利益が上がりやすいので、難しい相場局面は避ける方が懸命です。

ドル円・4時間足・FXトレード

EUR/JPY・ユーロ円・1分足トレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→下降トレンド
  • 4時間足→下降トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

下降トレンド中の戻り売り

ユーロ円はきれいな下降トレンド中で、相場環境としてはもってこいだと思います。もってこいの相場環境だったにも関わらず、エントリーポイントを間違えました。

ユーロ円の4時間足や1時間足と見るとわかりますが、相当下げています。下げ幅が大きいので戻り売りが考えられるはずですし、サポートラインまで戻ることは予測でたはずです。

エントリーしてから相場環境に気づいたので、一旦損切りをしました。

-3.92pipsの損切りです。

ユーロ円・1時間足・FXトレード

ユーロ円・1分足・FXトレード

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

エントリーミスでしたので、大きな損切りになる前に決済しました。

トレードしたときの心境

自分にも言い聞かせているグランビルの法則を無視したエントリーなのに、なぜか「下降する」という思い込みにびっくりしています。冷静に相場環境を見れば、ユーロ円は戻り売りの状態でしばらくは下がりません。

それなのに売でエントリーしていまいました。こうした失敗を何度も繰り返してトレードノートに書き記すことで、相場環境の把握がきちんとできるようになると思います。

良かった点と悪かった点

相場環境の把握の甘さ、トレードシナリを深く考えずにエントリーしてしまったことが失敗です。結果は損切りですが、とても勉強になるエントリーでした。サポートラインやレジスタンスライン、トレンドラインをひいて相場がどのように動くかを考えることができると、エントリーポイントではないと気づくことができます。

先週の土日にFXトレードギアを使って、過去相場を検証していたのが良かったと思います。

EUR/JPY・ユーロ円・1分足FXトレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→下降トレンド
  • 4時間足→下降トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

サポートラインの反発を利用

ユーロ円は長期足から短期足まで下降トレンドですが、私がエントリーする頃は戻り売りの状態でした。戻り売りによって上昇し、相場がサポートラインに達していましたので、戻り売りが解消して下降トレンドに戻ると予測しての売エントリーです。

売エントリーして決済ラインに届きかけましたが、届かなかったので待ちました。すると上昇してしまい、「このまま戻り売りの上昇が続きそうだ」と感じて損切りです。すると、損切りした途端に大きく下げるという悲しい結果です。

-3.78pipsの損切りです。

ユーロ円・1分足・FXトレード・損切り

ユーロ円・1分足・FXトレード・損切り2

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

秒速スキャルFXのルールを無視したトレードをしたことによって損切りとなりました。同じような結果は何度か経験して肝に銘じていたはずですが、また同じ過ちです。

トレードしたときの心境

サポートラインの反発を狙ったFXトレードが初めてでしたので、かなり意識しました。相場がサポートラインやレジスタンスラインに反発するのは理解できますが、反発した際のエントリーポイントに躊躇があります。

良かった点と悪かった点

秒速スキャルFXのルールどおりにトレードをしてれば、普通に勝てたトレードでした。私のチキンハートによって、わざわざ負けてしまった残念なトレードです。下手に知識がついてくると、自分の判断を織り交ぜようとします。その判断が損切りという結果を招きました。

今一度、FXトレードをする際のルールを見直そうと思います。

EUR/JPY・ユーロ円・1分足FXトレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→下降トレンド
  • 4時間足→下降トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

下降トレンド中のサポートラインの反発を狙った売エントリー

下降トレンド中の売り戻りの上昇から、サポートラインに達した後の反発を狙っていました。売り戻りの上昇がサポートラインまで届くのか、途中で反発するのかが読みきれず、早めに売りエントリーして大きな損切りとなりました。

-17.92pipsの損切りです。

クリックで画像が大きくなります。

ユーロ円・1分足・FXトレード売り戻り

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

下降トレンド中の売り戻りによる上昇トレンドが確定してしまったので、損切りライン寸前で損切り決済です。

トレードしたときの心境

チャートを見ていると、サポートラインまで相場を引きつける前にエントリーしてしまう衝動に駆られます。サポートラインやレジスタンスライン、トレンドラインの反発を狙ったトレードの場合は、もっとひきつけてトレードする練習を積みます。

良かった点と悪かった点

レジスタンスラインやサポートライン、トレンドラインの反発を狙うトレード手法は理にかなっています。私の経験不足から、早めに売りエントリーしてしまったのが負けの理由です。

チキン利食いやチキン損切り、チキンエントリーとチキンづくしで連敗ですが、悪くない負けだと思います。うまく反発が狙えるように、FXトレードギアで練習してFXトレードに挑みたいと思います。

EUR/USD・ユーロドル・1分足FXトレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→下降トレンド
  • 4時間足→下降トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

サポートラインの反発を狙ったトレードでしたが、今回も戻り売りの上昇にやられてしまいました。

クリックで画像が大きくなります。

ユーロ円・1分足・FXトレード

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

チキン損切りをすること無く損切りはできましたが、さすがに4連敗は目眩がしそうです。

トレードしたときの心境

チキン利食いやチキン損切りはしないことを決意して売りエントリーしましたが、下降トレンド中の戻り売りによる上昇トレンドが確定していましたので損切りしました。

良かった点と悪かった点

今日のFXトレードすべてに言えることですが、エントリーするのが早すぎました。4時間足で長い陰線を2本もつけて大きく下げていましたので、戻り売りが大きいのは当然です。それを予想できずに売エントリーし続けたのが4連敗の要因です。

注意
大きな下落の後は戻り売りも大きい

2018年5月28日~29日のFXトレード結果

  • EUR/JPY→-3.92pips
  • EUR/JPY→-17.92pips
  • EUR/JPY→-3.78pips
  • EUR/JPY→-7.46pips
  • 合計→-33.08pips

SBIFXトレード履歴

トレードの反省と次回のトレードに向けて

ユーロ円のきれいな下降トレンド中にも関わらず、売り戻りの上昇に全てやられてしまいました。大きく下げたときは売り戻りも大きいことを十分加味したつもりでも、自分の心に負けて早すぎるエントリーをしがちです。

相場環境の把握の大切さを身にしみて感じた一日でした。

ユーロ円・4時間足・FXトレード

エントリーする前に十分な時間をかけてトレンドシナリオを作り、明日からのFXトレードに取り組みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください