4勝2敗・10.17pips獲得・2018年5月14日・トレードノート│FXイン

FXイン│FXトレード

2018年5月14日のトレードノートです。ロット数を1万通から2万通貨へ今週から上げました。

総額の資金が30万円しかありませんので、あまりロット数を増やすことは出来ません。FXトレードで実際に収益が上がり、余裕が出てきましたロット数を少しずつ増やす予定です。

EUR/JPY・ユーロ円・1分足トレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇
  • 4時間足→上昇
  • 1時間足→上昇

ユーロ円・1分足

決済の根拠

日足、4時間足とも上昇トレンドでした。1分足が下降トレンドから上昇トレンドへ転換するダウが成立したので買エントリーです。

獲得pipsは5.94pipsです。

ルール通りに決済できたか

FXトレードギアでダウ理論が成立した際のトレードを練習していました。決済に関しては正直微妙です。ダウが崩れるまで保有し続けていれば伸びたかも知れません。

結構なストレスを感じましたので、上昇トレンドの伸びが落ち着き押し目になる時点で決済です。

トレードしたときの心境

土曜日、日曜日にFXトレードギアにてトレードの練習をしていましたので、少し自信を持ってトレード出来ました。やはり何度も練習することが、FXトレードでも自身につながると思います。

良かった点と悪かった点

勝てた理由はダウ理論の習得とFXトレードギアによる練習の成果です。

ただストレスに負けてしまい、決済を早めにしてしまったのが宜しくありません。もっとFXトレードギアで過去トレードを練習してトレードに挑みたいと思います。

AUD/JPY・豪ドル円・1分足トレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇
  • 4時間足→上昇
  • 1時間足→上昇

豪ドル円・1分足トレード

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

秒速スキャルのサインツールが売りエントリーの表示をしましたが、日足と4時間足は上昇でした。秒速スキャルはトレンドフォローのロジックですから順張りです。

逆張りでエントリーをすると損切りの確率が上がります。

わかっているのに、とっさにエントリーしてしまいました。損切りラインに達する前に-3.05pipsの損切りです。

最終的に相場は下がり、持ち続けていたら6pipsの獲得でした。初心者が一番やってしまいがちな、「決済したら自分の思惑と逆方向に相場が動く」パターンです。

トレードしたときの心境

席を一瞬離れている際にエントリーサインが出たので、焦ってエントリーしてしまいました。FXトレードの成功には心がかなり左右されると言われますが、身をもって体感しています。

良かった点と悪かった点

秒速スキャルのエントリールールを破ってトレードした時点で、買っても負けても駄目です。ルール通り行ったエントリーによる勝と負がFXで利益を得続ける大切なポイントです。

偉そうにブログを書いていますが、実は自分に言い聞かせながら書いています。

AUD/JPY・宏ドル円・1分足トレード

エントリーの根拠

日足、4時間足とも上昇で、ダウ理論が成立したので買エントリーです。

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇
  • 4時間足→上昇
  • 1時間足→上昇

決済の根拠

直近高値を割ったら決済しようと思ってましたが、直近高値の位置の判断ミスで、直近安値で決済していました。獲得pipsは1.37pipsです。

ルール通りに決済できたか

直近安値と高値の位置判断はトレーダーに寄って若干異なると思います。特に私のようなFX初心者は、チャートの波形を読み切れていないことがよくあり、高値ではないのに高値と判断しがちです。

今回のトレードの利益はほぼありませんが、私の波形のとり方にばらつきがあると気づきました。

こちらもFXトレードギアで安値高値を把握する練習が必要だと思います。

トレードしたときの心境

心理的なストレスはありませんでした。獲得pipsはありませんが、FXトレードにおける自分の弱点な少し見えましたので良かったと思います。

良かった点と悪かった点

直近安値と高値の把握がきちんと出来ていない点は宜しくないですが、弱点に気づけたことは大きな一歩です。

自分がなにをしなければならいかが見えるのは、FXトレードを継続する上で大切ですね。

EUR/JPY・ユーロ円・1分足トレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇
  • 4時間足→上昇
  • 1時間足→上昇

ラインの反発

長期足は上昇トレンドで、ダウ理論が成立したところを買いエントリーです。上昇した10pipsほど先にレジスタンスラインが見えていましたので、そこで大きく反発する可能性がありました。

レジスタンスラインに到達したら決済と決めていましたが、お得意のチキン利食いが発生し決済。獲得pipsは8.04pipsです。

ユーロ円・1分足トレード

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

レジスタンスラインま待つはずでしたが、チキン利食いによって早めの決済です。最近は3~6pips獲得がほとんどでしたので、10pips獲得にビビっていました。

FXトレードギアでひたすら練習あるのみです。

トレードしたときの心境

長期足の上昇、ダウ理論の成立による買エントリーに少しずつ慣れています。決済がまだまだ慣れません。チキン利食いをなんどか経験し、凹んだ経験を経て強く慣れればと思います。

良かった点と悪かった点

勝てた理由としては、やはりトレンドフォローをしっかりも守った点です。トレンドフォローでも負けるときはもちろんあります。

ほとんどの負けは、トレンドフォローの見極めが甘いことです。今後もトレンドフォローのFXトレードを継続します。

AUD/JPY・豪ドル円・1分足トレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇
  • 4時間足→上昇
  • 1時間足→上昇

ラインの反発

レジスタンスラインに何度か反発していました。エントリー時は下げていましたが、秒速スキャルのサインツール通りに買エントリーです。

相場は下がってしまい損切りです。-8.16pipsの損失です。

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

エントリー、決済とも秒速スキャル、ダウ理論のルール通りに行いました。FXトレードの全てが勝てるわけではありません。ルール通りに行っても負けることはありますので問題なしです。

トレードしたときの心境

FXトレードをルール通りに行うと、ストレスを殆ど感じません。負はしましたが、次のFXトレードもルール通りに行います。

チキン利食いならぬ、チキン損切りは行わずに決済できたことや

良かった点と悪かった点

ルール通りに行って負けていますので、このエントリーはやむを得ません。FXトレードはルールを守り続けてることが先決です。

秒速スキャルのロジックを信じてFXトレードを続けます。

AUD/JPY・豪ドル円・1分足トレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇
  • 4時間足→上昇
  • 1時間足→上昇

長期足が上昇の中、秒速スキャルのサインツールで買いエントリーです。長期足が上昇トレンドの中、1分足は下げていました。

相場は上昇し、ルール通りに決済です。獲得pipsは6.03pipsです。上記の豪ドル円の損失を少しカバーできました。

豪ドル円・1分足FXトレード

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

秒速スキャルのルールどおりに、チキン利食いを行わずに決済です。エントリーしたあとに、指値と逆指値をせってしていますので自動的に決済されました。

トレードしたときの心境

ルール通りのFXトレードはストレスがありませんし、なんと言っても清々しいです。

良かった点と悪かった点

勝てた理由はルール通りに行ったことです。ダウ理論とグランビルの法則を常に心がけ、トレンドフォローを軸にFXトレードを継続します。

2018年5月14日のFXトレード結果

  • EUR/JPY→5.94pips
  • AUD/JPY→-3.05pips
  • AUD/JPY→1.37pips
  • EUR/JPY→8.04pips
  • AUD/JPY→-8.16pips
  • AUD/JPY→6.03pips
  • 合計→10.17pips

SBIFX履歴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。