FXトレードは練習すれば誰でも勝てるようになる│週間FXトレード結果・2019年7月8日-13日

2019年7月8日~7月13日のFXトレード週間結果です。獲得pipsは0.99pips、勝率は100%、期待値0.99pipsはでした。

通貨 獲得pips 損切り幅pips
7/10 USD/JPY 0.99 18.00
合計 0.99pips 勝率100%
期待値0.99pips

1週間でFXトレードできる回数は意外に少ない

以前はスキャルピングでトレードしていましたので、1日に数回トレードすることがありましたが、最近は1時間足の波を追うトレードを意識しています。

1時間足の一波を追うFXトレードでは、1週間でトレード出来る回数はそれほどありません。

下記の画像は1時間足のドル円チャート(1週間分)です。

1時間足の一波を取りにいく場合、上位足と同じ方向で、損切りが狭く、逆行がしずらい移動平均線に近いポイントがエントリー条件です。

エントリー条件
  1. 上位足と同じ方向(トレンドフォロー)
  2. 損切りが狭い
  3. 逆行がしずらい
  4. レートと移動平均線が近い

移動平均線からレートが離れてしまうと、すでにレートが上昇(下降)していますので利益幅が減る可能性が高いです。また、エントリーしてすぐに反転する可能性もあります。

青丸はトレンドフォローに沿っていますのでエントリーしやすいですが、赤丸は4時間足MAが下降し、日足MAが水平の間でのトレードです。

個人的には逆張りに感じるポイントなので、私ではエントリーは難しいでしょう。

今週のFXトレードでよかった点

上記の画像を見るとわかりますが、1日にエントリー出来るポイントは0回~1回です。このエントリーポイントを見逃すと、後追いのエントリーになります。

1週間経過した後にチャートを見直すと、エントリーポイントはわかりやすいですが、動いているチャートを見ているとエントリーポイントと把握出来ないことが多々あります。

今週はエントリーポイントを何度も迷い、結局エントリーできなかったことが何度もありました。

もどかしい1週間でストレス満載でしたが、このもどかしさを解決するために更なる勉強や経験が必要だと感じることが出来た1週間でした。

今週のFXトレードで悪かった点

相場を俯瞰する力が不足しているため、エントリー条件を満たしているのにエントリー出来なかったことが何度もありました。

エントリー条件を満たしている相場を何度も経験するには、相場に対して常に向き合い、時間の経過が必要です。

この時間の経過を短縮できる方法はフォレックステスターです。

実際のFXトレードでの経験を積むには、数ヶ月、数年かかりますが、フォレックステスターであれば、少ない時間で実際の相場と同じ状況でトレードすることが出来ます。

フォレックステスターなどのFXトレード練習ソフトで勝てないのに、実際の相場で勝てるはずがありません。実際のトレード経験はもちろん大切ですが、練習ソフトで日々トレーニングすることも大切だと感じた1週間でした。

2019年7月8日~13日の週間FXトレード結果

  • 獲得pips→0.99pips
  • 勝率→100%
  • 期待値→0.99pips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください