FXのエントリーはダウ成立・リターンムーブの後が基本│2019年6月28日・トレードノート

2019年6月28日のトレードノートです。21:30にアメリカとカナダの経済指標が連続で発表されますので、発表内容によっては相場に大きく影響があります。

G20中に大きな動きはありませんでしたが、来週の相場への影響に注意です。

発表時間 指標 前回変動幅
21:30 カナダ・鉱工業製品価格 +5.90pips
21:30 カナダ・実質GDP +5.90pips
21:30 アメリカ・個人所得 +5.90pips

GBP/USD・ポンドドル・15分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→トレンドレス
  • 4時間足→トレンドレス
  • 1時間足→トレンドレス

ポンドドル・日足チャート

ポンドドルの日足チャートは安値が切り下がり、高値は少し切り上がっています。下げダウ・下げトレンドが継続していた相場ですが、現段階ではトレンドレスです。

ポンドドル・4時間足チャート

ポンドドルの4時間足チャートは高値が切り下がり、安値はサポートライン上で停滞しています。このサポートラインを突破すると安値の更新になりますので、そこそこ相場は動く可能性があります。

ポンドドル・1時間足チャート

ポンドドルの1時間足チャートはサポートラインを上で停滞中です。相場を見た時間は東京時間でしたので、ヨーロッパ時間で相場は動く可能性があると思い、ヨーロッパ時間を待ちました。

<スポンサードリンク>


エントリーと決済の根拠

東京時間では停滞していた相場ですが、ヨーロッパ時間に相場は上下し始めました。ボックスの中で停滞していたレートが下へ突破したため売りエントリーです。

売りエントリー後に少し下がりましたが、再び上昇して損切りです。

売りエントリーの根拠

  • 長期から短期はトレンドレスだが、サポートライン突破によって全ての足で下降ダウが成立
  • サポートライン上での停滞から下げへ突破

損切り決済の根拠

  • 直近高値の少し上で損切りラインを設定
  • 損切りラインに達したため損切り決済

-12.99pipsの損切りです。

エントリーに対する損切り幅

売りエントリーに対する損切り幅→12.00pips

FXトレードを振り返ってみて

かなり強いサポートライン上でレートが停滞していたため、若干レートが下がったとしても誤差に過ぎませんでした。リターンムーブの後にエントリーすべきだったと反省です。

リターンムーブ

2019年6月28日のFXトレード結果

  • GBP/USD→-12.99pips
  • 合計→-12.99pips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください