トレンドフォローとダウ理論のFXトレードで2週連続の100pips超え│週間FXトレード結果・2019年5月13日-17日

週間FXトレード

2019年5月13日~5月17日のFXトレード週間結果です。獲得pipsは102.65pips、勝率は88.9%、期待値は11.40pipsでした。

先週のFXトレードに続き、今週も100pips超えを達成することが出来たのは大きな進歩です。

通貨 獲得pips 損切り幅pips
5/13 EUR/JPY 14.90 15.00
5/14 GBP/JPY 11.50 16.00
5/14 EUR/JPY -12.80 13.00
5/14 GBP/JPY 16.27 23.00
5/15 EUR/JPY 11.10 16.00
5/15 GBP/JPY 9.38 14.00
5/15 GBP/JPY 18.30 16.00
5/16 GBP/JPY 30.90 10.00
5/16 GBP/JPY 4.10 11.00
合計 獲得102.65pips 勝率88.9%
期待値11.40pips

トレンドフォロー・ダウ理論によって負け組から勝ち組へのFXトレード

逆張りを否定するわけではありませんが、FXトレード歴の浅い方は順張りであるトレンドフォローを強くオススメします。

1年ほど前に仮想通貨で400万円ほど吹き飛ばした私でも、長期足に逆らわずトレンドフォローという波に乗ることで利益を得ることが出来ています。

今週のFXトレードでよかった点

早すぎるエントリーポイントが何度もありましたが、日足や4時間足でトレンドが発生している方向でエントリーしていましたので、多少の逆行に怯えること無くFXトレードが出来ました。

以前の私であればエントリーポイントから相場が逆行すると、損切りラインよりも早く損切りすることがありました。損切りした途端に相場が思惑の方向へすすんだ回数は数え切れません。

先月ごろからエントリーしても逆行する回数が圧倒的に減りましたし、逆行したとしても損切りラインの範囲内で十分収まっています。

損切りラインを直近安値にしていますので、損切り幅が広い場合があります。本来は損切り幅を狭くして(10~15pips以内)のエントリーポイントを探るべきです。

探るべきですが、あまりにルールにこだわりすぎるとエントリーポイントがなくなってしまいますので、多少の裁量を加えてエントリーしています。

<スポンサードリンク>


今週のFXトレードで悪かった点

相変わらずではありますが、決済が早すぎるトレードが沢山ありました。チキン利食いがなかなか治りませんが、それでも1週間で100pips超えは私に上出来です。

ダウが崩れるまで持ち続けるのが基本ですが、ついつい直近安値やレジスタンス、サポートラインで決済してしまいます。

チキン利食いとは長い付き合いになりそうなので、神経質になりすぎずにFXトレードを続けようと思います。

今週のFXトレードで気づいた点

知識としてわかってはいましたが、心や頭に響いていなかったことがあります。それは反発です。

レジスタンスラインやサポートライン、レジサポライン、トレンドライン、移動平均線などに相場は反発しますが、心にしみるほどの反発を感じたのは今週が初めてです。

レジスタンス・水平ライン

なんでもそうですが、知識レベルと実行レベル、結果を出せたレベルでは次元が異なります。

自分が引いたレジスタンスラインやレジサポラインに相場が反応するのを身をもって感じると、次のトレードの自信に繋がります。

自分が引いたラインにある程度相場が反応することを体得していれば、相場の動きを数パターンの予測が可能です。

アバウトでも相場の動きを予測できれば、トレードシナリオを立てやすくなり、エントリーポイントや決済ポイントを待つだけというストレス度の低いトレードが出来ると感じています。

<スポンサードリンク>


4/29~5/17のFXトレード履歴

獲得pips 勝率 期待値
4/29-5/3 84.36 100% 16.87pips
5/6-5/10 103.75 88.9% 11.52pips
5/13-5/17 102.65 88.9% 11.40pips

2019年5月13日~17日の週間FXトレード結果

  • 獲得pips→102.65pips
  • 勝率→88.9%
  • 期待値→11.40pips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください