週足や日足の移動平均線の位置も把握して利益を固くする│2019年4月25日・トレードノート

FXトレード画像

2019年4月25日のトレードノートです。16:00のトルコ設備稼働率の発表がドル円に影響があります。

発表時間 指標 前回変動幅
16:00 トルコ・設備稼働率 +12.9pips
21:30 アメリカ・耐久財受注 +0.1pips
21:30 アメリカ・新規失業保険申請件数 +6.1pips

GBP/JPY・ポンド円・15分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→トレンドレス(高値は切り下がり)
  • 4時間足→下降トレンド
  • 1時間足→下降トレンドからレンジ中

ポンド円・日足チャート

ポンド円の日足チャートは高値が切り下がり、安値はレジスタンスラインに支えられています。レジスタンスラインの下には週足移動平均線がありますので、下降したとしても週足移動平均線までです。

ポンド円・日足・FXトレード

ポンド円・4時間足チャート

ポンド円の4時間足チャートは高値・安値とも切り下がり下降トレンド中です。レジスタンスラインに何度も反発しています。

ポンド円・4時間足・FXトレード

ポンド円・1時間足チャート

ポンド円の1時間足チャートは、下降トレンドからレジスタンスラインにレンジ状態です。移動平均線は日足MA4時間足MA1時間足MAの順です。

ポンド円・1時間足・FXトレード

エントリーと決済の根拠

4時間足と1時間足は下降していて、15分足も下げダウ(下降トレンドライン)が成立し、相場は15分移動平均線よりも下に位置しましたので売りエントリーです。

中期足と短期足は下降トレンドですので、直近安値ではなく、前回安値までは下がる可能性があると判断していました。

売りエントリーする前に前回安値までは下がる可能性を思っていました。前回安値付近まで下りましたので決済です。

14.11pipsの獲得でした。決済したあとに相場は少し停滞しましたが、後に下がっていきました。エントリーポイントはそれなりに判断できるようになっていますが、決済ポイント(EXIT)が甘いです。

下降トレンドなら直近高値を上回る、上昇トレンドなら直近安値を下回るまで決済すべきではありません。

理屈ではわかっていても決済してしまっていますので、この壁を超えることが私の課題です。

ポンド円・15分足・FXトレード1

ポンド円・15分足チャート

ポンド円・15分足・FXトレード

エントリーに対する損切り幅

ポンド円・売りエントリー対する損切り幅→22pips

FXトレードを振り返ってみて

相場環境を把握する際に、長期の移動平均線も意識できるようになったのは大きな前進です。相場を俯瞰しながらチャートを見えるようになると、さらに勝率や獲得pipsが上がります。

日足チャートを確認する際は、週足や月足の流れも意識してトレードしたいと思います。

2019年4月25日のFXトレード結果

  • GBP/JPY→14.11pips
  • 合計→14.11pips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください