正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです。

画像

経団連の中西会長が下記のように答えています。

終身雇用はとっくに終わっている
経団連・中西宏明会長「正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです。どうやってそういう社会のシステムを作り変えていくか、そういうことだというふうに(大学側と)お互いに理解が進んでいるので」

経団連の中西会長はこのように述べ、「人生100年時代に、一生一つの会社で働き続けるという考えから企業も学生も変わってきている」との認識を示した。

複数の収入を得ることで人生を楽しく生きることが出来る

私は長くサラリーマンをしていましたので、どこかの企業に属することの大変さや辛さ、楽しさを知っています。

今はサラリーマンを辞めて個人事業主として活動していますので、個人事業主としての大変さや辛さ、楽しさを知っています。まだ利益を出せていませんので、非常に厳しい台所事情の中で生きざるを得ません。

サラリーマンを継続している方が、自営業よりも遥かに楽な生活を送ることが出来ますし、何よりもある程度の安定収入を得ることが出来ます。

安定して収入を得られることの安心感は、安定した収入を得ているときはあまり感じません。しかし、個人事業主として起業し、安定した収入が得られなくなって、ようやく「安定した収入の大切さ」を心から感じました。

頭の中で情報として知識を持っていても、実際に体験してみないと本質はつかめません。

中高年のときに失う安定と若いときに失う安定の違い


経団連の会長は「すべての人は安定した収入を失う」ということを柔らかく表現しました。

安定した収入を失う機会は、起業や転職、リストラ、休職などさまざまです。起業するときに一時的に失う安定と、リストラされたときに失う安定には大きな違いがあります。

また、20代のときに安定した収入を失うのと、50代のときに安定を失うのも大きな違いがあり、再び安定した収入を得られる力にも大きな差があります。

安定した収入を得続けることが不安定を引き起こす

同じ会社で安定した収入を得ることは素晴らしいことですが、同じ職種を数十年間行っていると、新しいことに対応するのが難しくなります。

パソコンが普及し始めた時、多くの人がパソコンの使い方に対して戸惑いました。ネットやスマホが普及し始めたときも、Facebookが普及し始めたときも同じです。

同じことを数十年続け、年令を重ねた40代以上となると、変化に対応することがストレスになったり、諦めに繋がります。安定しながらも変化に対応する心と訓練が普段からなければ取り残されてしまうのです。

変化に対応できないでスキルアップをせずに放置していると、安定した収入を失います。

変化に対応できていない、スキルアップしていない状態では、不安定で低賃金な仕事にしか就くことが出来ず、貧困を受け入れざるを得なくなります。

変化に対応できない、時代の大まかな流れが読めなければ、安定した収入を得ていたとしても、いずれ手放さなければならくなるのが現実でしょう。

安定収入以外の収入や副業を確保する

サラリーマンの方はもちろんですが、今現在、事業を行って安定した収入を得ている方でも、別の収入を確保しないと安定を失いかねません。

AIや5G、IOTなど、いろいろなインフラの変化によって、現段階で安定している収益は5年後には半分になる可能性があります。10年もすれば産業構造は大きく変化していますので、今の仕事とは全く違う仕事をしている可能性さえあるのです。

今は単純労働の外国人労働者を受け入れつつありますが、外国人労働者に私達が雇用される可能性も十分あるでしょう。

実際、ゼネコンの建設現場ではベトナム人が日本人に現場での作業方法を教えています。
<スポンサードリンク>


企業は将来を見越して黒字であってもリストラをはじめている

すでに多くの大企業が内部留保が満載なのにリストラをはじめています。富士通やパイオニアなど名だたる企業が、中年以上のリストラをはじめています。

特に45歳以上がリストラのターゲットです。

大学を卒業して入社し、20年以上経過すると、企業にとって人件費が重くのしかかってきます。

企業の80%の利益は20%の人員が稼ぐと言われていますので、80%の人員の中でAIによって仕事が完結化出来る部門に属していたり、人件費が高い、能力が低い人はリストラ候補です。

「私に限ってリストラはない、我が社に限ってリストラはない」と思ってたかをくくっていると、青ざめることになりかねません。

社名 5年前比・社員減少数
NEC -42,413人
日立製作所 -41,071人
ソニー -30,400人
パナソニック -20,461人
東京電力 -6,762人

安定収入以外の副業にはアフィリエイトやFXがオススメ

すべての人にリストラの可能性があるため、安定した収入以外の収入を確保しておかなければ危険です。ただ、リストラは自分の実力をつける絶好の機会だと思います。

自分の実力で収益を上げることが出来れば、どんな変化が起きようと対応できるからです。

数百万円、数千万円の初期費用をかけて別の収入を得るのはおすすめしません。今はインターネットがありますので、初期費用が殆どかからずに副収入を得ることが出来ます。

FXはもちろんですが、顔出し無しでのユーチューブやツイッター、Facebook、インスタなど、沢山のツールがありますので、いつでも副業は可能です。

個人的にはFXのノウハウを発信しながらトレードをすることがおすすめです。

FXでなくても、ダイエットや美容に育毛など、自分が抱えている悩みを解決することを情報発信すれば、それはお金となって返ってきます。

できるだけ多くの人が副業をして、安定収入以外の収入を得てほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください