月間FXトレード結果・2019年3月度│FXトレードでは待てる力が資金を増やすことに繋がる

FXトレード

2019年3月1日~3月31日の月間FXトレード月間結果です。獲得pipsは184.07pips、勝率は83.3%、期待値は10.22pipsでした。

  • 獲得pips→184.07pips
  • 勝率→83.3%
  • 期待値→10.22pips

FXトレードで勝つためには、エントリーポイントまで待てる力を持つこと

私が尊敬するFXトレーダーのツイッターで心に残る言葉があります。

「取引回数は減っても、優位性の高い局面でのみ丁寧に取引を繰り返す方が、結局は資金を早く安定的に増やす一番の近道となります」

上記の言葉を思いながら3月のFXトレードに挑みました。3月19日~3月29日のトレードは、逆行しないエントリーポイントにこだわり、エントリーポイントを待つことに重点を置きました。

獲得pips トレード回数 勝率 期待値
3/1-3/8 13.17 4 75% 3.29pips
3/11-3/15 -0.28 6 66% -0.04pips
3/19-3/21 62.79 4 100% 15.69pips
3/25-3/29 108.39 4 100% 27.09pips
合計 184.07 18 83% 10.22pips

今月のFXトレードでよかった点

月の前半は右往左往していましたが、中盤から尊敬するトレーダーの言葉を思い出しながらトレードしました。

トレード回数を増やせば資金を増やせると思い込んでいましたが、逆行しないエントリーポイントまでしっかり待ってトレードすれば、勝率・獲得pips・期待値とも上がることを結果として残せました。

待てる力が少しついたように思います。

また1週間で100pips超えの利益を得られたことは自信に繋がります。

<スポンサードリンク>


今月のFXトレードで悪かった点

2月同様、決済ポイントに問題があります。基本的にチキン利食いなので、得られたはずの利益を逃すトレードが沢山ありました。

20pips以上取ることにビビることはなくなりましたが、30pips、40pipsとなるとビビります。

日足レベルのレジスタンスラインまで待って決済すればいいのですが、ついつい4時間足レベルのレジスタンスラインで決済してしまいます。

早く決済してしまう理由は、レジスタンスラインに反発して相場が建値まで戻ったり、下手すれば利益が出ていたのに損切りしなければならないことが辛いためです。

決済に関しては心の問題を抱えているように思います。

4月のFXトレードは「決済する強い理由があるポイント」まで待つことに重点を置いてトレードします。

2019年3月1日~3月31日の3月度FXトレード結果

  • 獲得pips→184.07pips
  • 勝率→83.3%
  • 期待値→10.22pips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください