月足や週足の移動平均線もにらんだFXトレード│2019年3月21日・トレードノート

FXトレード・画像

2019年3月21日のトレードノートです。21:00~21:30に3つの経済指標は、FX相場に大きく影響する可能性があります。

発表時間 指標 前回変動幅
21:00 英国・英中政策金利 -6.10pips
21:30 カナダ・卸売売上高1月 -7.10pips
21:30 アメリカ・フィラデルフィア連銀景況指数 -7.10pips

EUR/JPY・ユーロ円・15分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→レンジ
  • 4時間足→レンジ
  • 1時間足→下降トレンド

日足チャート

ユーロ円の日足チャートは月足と週足の移動平均線の下降線によって抑えられています。週足の移動平均線を突き抜けると、大きく上昇する可能性があります。

ユーロ円・日足・FXトレード

4時間足チャート

ユーロ円の4時間足チャートはレンジ状態です。週足と日足の移動平均線に相場が挟まれています。

ユーロ円・4時間足・FXトレード

1時間足チャート

ユーロ円の1時間足は下げダウが成立しつつある状況です。4時間足の移動平均線(赤色)を上から下に突き抜けると、さらに相場は伸びる可能性があります。

ユーロ円・1時間足・FX・トレード

エントリーと決済の根拠

週足と日足の移動平均線に抑えられていたのと、4時間足はレジスタンスライン付近でレンジでした。

ユーロ円の1時間足は下げダウが成立しつつあり、15分足では移動平均線よりも相場が下に位置したため売りエントリーです。

売りエントリー後に上昇しましたが、損切りに達することなく再び下降しました。レジスタンスラインに達しましたので決済です。

14.02pipsの獲得です。

15分足チャート

ユーロ円・15分足・FXトレード

エントリーに対する損切り幅

売りエントリに対する損切り幅→18pips

FXトレードを振り返ってみて

日足、4時間足の長期足がレンジでしたが、週足と月足の移動平均線によって抑えられているのに気づいたは良かったと思いました。相場を俯瞰してみていないと気づかないのが週足と月足です。

巨額な資金を持つ機関投資家は日足や週足をメインにすると聞きます。彼らが考える売りや買いポイントが見えるようになると、更に大きく利益を伸ばせると思います。

<スポンサードリンク>

GBP/USD・ポンドドル・15分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇トレンド(高値更新がされていない)
  • 4時間足→下降トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

日足チャート

日足チャートは上昇トレンドですが高値が更新されていません。レンジ相場に突入するか、下降トレンドへ向かう可能性があります。

ポンドドル・日足・FXトレード

4時間足チャート

4時間足チャートは高値と安値が少しずつ切り下がっています。下降トレンドへ向かいつつあります。

ポンドドル・4時間足・FXトレード

1時間足チャート

1時間足は日足と4時間足の移動平均線の間に位置し、日足の移動平均線を下に抜けると伸びる可能性を感じていました。

ポンドドル・1時間足・FXトレード

エントリーと決済の根拠

ローソク足が1時間足の移動平均線に到達したため売りエントリーです。ただ、完全に突き抜ける前に売りエントリーしたため、相場は一旦上昇しました。

直近安値に到達したので決済です。16.59pipsの獲得です。

15分足チャート

ポンドドル・15分足・FXトレードポンドドル・15分足・FXトレード

エントリーに対する損切り幅

売りエントリーに対する損切り幅→28pips

FXトレードを振り返ってみて

本日のトレードですが2回とも決済した後に大きく伸びました。残念ながら私はこの利益を得られませんでした。

上位足が参加してくるチャートになると、相場は大きく伸びるという理屈はある程度わかっています。しかし私の心がついていけません。

せっかく得た10~20pipsの利益がレジスタンスラインによって反発し、建値か下手すればマイナスで終わることに恐怖を感じます。

時間はかかると思いますが、自分が抱える問題を解決したいと思います。

2019年3月21日のFXトレード結果

  • EUR/JPY→14.02pips
  • GBP/USD→16.59pips
  • 合計→30.61pips

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください