レジスタンスライン超えを狙って失敗したFXトレード│2019年3月12日・トレードノート

FXトレード・画像

2019年3月12日のトレードノートです。21:30のアメリカ消費者物価指数が相場に影響を与える可能性があります。

発表時間 指標 前回変動幅
18:30 英国・製造業生産高 +1.0pips
18:30 英国・鉱工業生産指数数 -3.9pips
21:30 アメリカ・消費者物価指数 +8.1pips

EUR/JPY・ユーロ円・1分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇トレンド
  • 4時間足→上昇トレンド
  • 1時間足→上昇トレンド

ドル円・日足チャート

ドル円は上昇トレンド中です。押し目による下げから再び上昇し、レジスタンスラインで反発しています。

ドル円・日足・FX・トレードドル円・日足・FX・トレード

4時間足チャート

高値、安値とも更新していますので上昇ダウが成立しています。ただレジスタンスラインの強さによっては、直近安値割れも考えられます。

ドル円・4時間足・FXトレード

1時間足チャート

ドル円の1時間足チャートはダブルトップのチャートパターンです。ネックラインを割ると次の安値まで下がる可能性があります。ドル円・1時間足・FXトレード
<スポンサードリンク>

エントリーと決済の根拠

例スタンスラインを超えたと思いエントリーしましたが、反発して再び下降してしまいました。

-19.72pipsの損切りです。

ドル円・15分足チャート

買いエントリーの際に、ダブルトップになっているのを気づいていません。さらにレジスタンスライン超えでエントリーする際は、下記の順番でエントリーしないと、今回のトレードのような結果になります。

ドル円・15分足・FX・トレード

レジスタンスライン超えでエントリーする場合はリターンムーブ

レジスタンスライン超えはリターンムーブでエントリー
  1. レジスタンスラインをローソク足が一旦超える
  2. ローソク足が再び、サポートライン(レジスタンスライン)に下降して反発する
  3. 再び相場は上昇する
  4. 上記の流れをリターンムーブと言う

リターンムーブ

エントリーに対する損切り幅

ドル円の買エントリーに対する損切り幅→18pips

FXトレードを振り返ってみて

相場環境の把握の甘さが露呈しています。前回のトレードでも、相場環境の把握の甘さによって損切りが続きました。相場環境の把握の手順をまとめて、次のトレードにつなげたいと思います。

2019年3月12日のFXトレード結果

  • USD/JPY→-19.72pips
  • 合計→-19.72pips

本日の相場格言

相場は豹変する
相場を見ていると波動の流れや見通しはあらかた掴めるようになってきます。ごくまれにダンダメンタルやテクニカルで推測できない急激な変化が起こります。こうしたイレギュラーなケースが相場では起こりますので、逆指値は必ず設定しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください