損切り設定の認識の甘さが無駄な損切りを生み、FXマインドが乱れる│2019年2月25日・トレードノート

FXトレード・画像

2019年2月25日のトレードノートです。本日の経済指標でFXに大きな影響はありません。

発表時間 指標 前回変動幅
14:00 日本景気動向指数 +3.00pips

GBP/JPY・ポンド円・15分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→レンジ相場
  • 4時間足→レンジ相場
  • 1時間足→レンジ相場

ポンド円・日足チャート

ポンド円・日足・FXトレード

ポンド円・4時間足チャート

ポンド円・4時間足・FXへトレード

ポンド円・1時間足チャート

ポンド円・1時間足・FXトレード

エントリーの根拠

15分足のレンジ相場から抜け、直近高値を更新、移動平均線を下から上に抜けたために買いエントリーです。

エントリーに対する損切り幅

ポンド円の買いエントリーに対する損切り幅→13pps

決済の根拠

直近安値の損切りラインを割ったため、損切り決済です。

-14.42pipsの損切りです。

ポンド円・15分足・FXへトレード

FXトレードを振り返ってみて

エントリー後に逆行することはよくありますので気にしていませんが、エントリー時の損切り設定に問題がありました。私がトレーダーとして尊敬しているハセガワ氏のツイートに下記があります。

「リスクを抑えた根拠ある適切に設定された損切ライン」

この損切りラインの設定が出来ていませんし、そもそもこのレベルまで考えてエントリーしていません。

<スポンサードリンク>



ハセガワ氏のツイートを見た後に今回のエントリーでしたので、損切りラインの設定を多少は考慮しました。私の思慮が浅く、損切り後に相場は反転して上昇しました。

ポンド円・15分足・FXトレード

ポンド円は15分足()、1時間足()、4時間足(オレンジ)、日足の移動平均線に下支えされているため、下がる可能性が低いと考えることが出来ます。

下がる可能性が低い根拠があれば、エントリーの際に損切り設定を少し深く出来る判断が出来ました。いつもどおり、12~15pips前後の損切り設定でしたので損切りにかかりましたが、今回のエントリーポイントや値幅が大きいポンド円から考えると20pips以上でも問題なかったと思っています。

<スポンサードリンク>

GBP/JPY・ポンド円・15分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→レンジ相場
  • 4時間足→レンジ相場
  • 1時間足→レンジ相場

エントリーの根拠

ポンド円・15分足では直近高値を超えましたので買いエントリーです。

ポンド円・15足チャート

ポンド円・15分足

エントリーに対する損切り幅

ポンド円の買いエントリーに対する損切り幅→20pips

決済の根拠

ポンド円は直近高値に到達した後、何度もかなり下げていました。今回も上値は重かったため、勢いが弱くなってきたところで決済です。

FXトレードを振り返ってみて

先週のトレードからポンド円のレンジ相場の中でFXトレードをしています。ポンド円のレンジ相場を見すぎているせいか、レンジ幅の中では、相場が弱くなった時に決済をすることが続きがちです。

「待つ」ことに疲れがちですので気をつけたいと思います。

ちなみにポンド円は私が決済した後、70pips以上上昇しました。

さすがに涙が出そうになります。

ポンド円15分足FXトレード

2019年2月25日のFXトレード結果

  • GBP/JPY→-14.42pips
  • GBP/JPY→7.89pips
  • 合計→-6.53pips

本日の相場格言

勘は買うことが出来ない
FX相場に参加するには沢山の知識を学んでトレードに挑みます。微妙な勝負勘は数多くの取引を経験して培っていくしかありません。基本的な知識やスキルを習得し、実際の売買経験を積み重ね、指標や材料を分析します。こうした経験を何度も重ねた後の「勘」は山勘とは異なるレベルのものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください