相場環境を冷静に判断せず、思い込みエントリーで損切り│2019年2月21日・トレードノート

FXトレード・画像

2019年2月21日のトレードノートです。本日は22:30の「アメリカ・失業保険申請件数」がFX相場に大きな影響を与えます。

発表時間 指標 前回変動幅
18:00 ユーロ製造業PMI +1.0pips
22:30 アメリカ耐久剤受注 -3.0pips
22:30 アメリカ・失業保険申請件数 -15.3pips

GBP/JPY・ポンド円・15分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇トレンド
  • 4時間足→上昇トレンド
  • 1時間足→上昇トレンド

ポンド円・日足チャート

ポンド円は上昇トレンド中で、日足レベルのレジスタンスラインを超えると高値更新が成立します。

ポンド円・日足・FXトレード

ポンド円・4時間足チャート

ポンド円・4時間足チャートは日足レベルのレジスタンスラインに2回反発したダブルトップです。

ポンド円・4時間足・FXトレードでトレード

ポンド円・1時間足チャート

ポンド円・1時間足チャートも上昇トレンド中ですが、レジスタンスラインの反発によってダブルトップから下降しています。

ポンド円・1時間足・FXトレード

エントリーの根拠

ポンド円の15分足は下降トレンド中ですが、そろそろ上昇してくるだろうという思い込みと、小さく安値を切り上げ、移動平均線を下から上に突き抜けたので買エントリーです。

  • 1時間足の移動平均線(赤色)と15分足の移動平均線(青色)は下降
  • 移動平均線より相場が一瞬上に位置し、安値の小さい切り上げ
  • 15分足の高値と安値は下げているので下降トレンド中

ポンド円・15分足・FXトレード

エントリーに対する損切り幅

ポンド円・買いエントリーに対する損切り幅→16pips

決済の根拠

損切りラインに達しましたので損切り決済です。-16.33pipsの損切りでした。

FXトレードを振り返ってみて

長期足から短期足まで上昇トレンド中ですが、上昇トレンドの中にも1時間足、15分足で下降トレンドが存在します。

わかっているはずなのに、ダブルトップのネック割れで下降している状況で買いエントリーしてしまいました。

買いエントリーする前に、もっと時間をかけて相場環境を冷静に判断できる訓練が必要だと感じています。

<スポンサードリンク>

GBP/JPY・ポンド円・15分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇トレンド
  • 4時間足→上昇トレンド
  • 1時間足→上昇トレンド

1時間足チャート

ポンド円の1時間足チャートはトリプルボトム・逆三尊となり、上昇基調が見えましたのでエントリーポイントを待っていました。

ポンド円・1時間足

エントリーの根拠

1時間足チャートでトリプルボトム(逆三尊)が見え、15分足チャートで安値の切り上げと、移動平均線を下から上にローソク足が突き抜けましたので買いエントリーです。

  • トリプルボトム(逆三尊)
  • 15分足チャートの安値切り上げ
  • 移動平均線を下から上にローソク足が突き抜ける

ポンド円・15分足

エントリーに対する損切り幅

買いエントリーに対する損切り幅→16pips

決済の根拠

レジスタンスラインまで待とうかと思ったのですが、相場が弱くなりましたので決済です。

獲得pipsは23.55pipsです。

FXトレードを振り返ってみて

2回目のポンド円トレードの決済は微妙です。もっと時間をかけて決済ラインまで待つべき場面だったようにも思いますし、反発が予想されたので決済してよかったような気もします。

レジスタンスラインの強さは日足、週足、レジサポなどによって変わりますが、今ひとつ理解不足です。過去チャートを睨みながら、どのような場面でのレジスタンスラインは強いのかを検証したいと思います。

2019年2月21日のFXトレード結果

  • GBP/JPY→-16.33pips
  • GBP/JPY→23.55pips
  • 合計→7.22pips

本日の相場格言

相場は変わらない、顔ぶれは変わる
短期トレードの場合、大勢の負けの上に少数の勝ちがあります。勝ち組の顔ぶれは変わりませんが、負け組の顔ぶれは毎日変わっています。勝ち組に残り続けるのは良いトレード続けるしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください