チキン利食いで19pips獲得、次のトレードで19pipsの損、三度目の正直で21pips獲得│2019年2月11日

FXトレード

2019年2月11日のトレードノートです。本日の通貨強弱はNZD>AUD>USD>CAD>NZD>CHF>GBP>JPYです。

FX通貨強弱

GBP/USD・ポンドドル・15分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→ノントレンド(下降トレンドへ移行中)
  • 4時間足→下降トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

ポンドドル・日足チャート

ポンドドルは直近安値に向かって下降していますが、下げダウが成立している状況ではありません。

ポンドドル・日足・FXトレード

ポンドドル・4時間足チャート

ポンドドル・4時間足・FXトレード

ポンドドル・1時間足FXトレード

ポンドドルの1時間足チャートは下降トレンド(下げダウ)が成立しています。

ポンドドル・1時間足FXトレード

エントリーの根拠

4時間足、1時間足とも下降トレンド(下げダウ)が成立し、15分足では戻り売りの上昇から下降トレンドに再び向かうであろうポイントで売りエントリーです。

エントリーに対する損切り幅

売りエントリーに対する損切り幅→20pips

今回の損切り幅は私のルールの中にある損切り幅の限界です。

決済の根拠

日足レベルのレジスタンスラインあたりで決済しようと思っていましたが、一気に下降したためビビってしまい決済してしまいました。

いつもどおりのチキン利食いが発生しました。

獲得pipsは19.71pipsです。

ポンドドル・15分足チャート

ポンドドル・15分足・FXトレードトレード

FXトレードを振り返ってみて

私は去年までスキャルピングトレードをしていて、1回の利益幅は10pips前後でした。10pips以上の利益に対して慣れていないので、一気に相場が伸びるとビビってチキン利食いを発動します。

また負けも続いていましたので、久しぶりの勝ちトレードにもビビってしまいました。

15分足のデイトレードを繰り返して時間をかけながら、利益幅に対して免疫力を揚げていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

GBP/USD・ポンドドル・15分足FXトレード・2回目

時間足別の相場状況

  • 日足→ノントレンド(下降トレンドへ移行中)
  • 4時間足→下降トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

エントリーの根拠

ポンドドルは私が決済したポイントがレジスタンスラインでしたので、何度か反発した後、再び下降するだろうと思っていました。

5分足チャートでダブルトップのネックライン割れの売りエントリーでしたが、ネックラインに幅があったために相場はしばらく上下しました。

結果はトリプルボトムで相場は上昇しました。

ポンドドル・5分足・FXトレードトレード

ネックライン超えでのエントリー

ネックライン超えでエントリーしがちですが、一旦ネックラインを超え、戻ってきて反発した後にエントリーすると固くなります。

ダブルトップ

エントリーに対する損切り幅

売りエントリーに対する損切り幅→16pips

決済の根拠

損切りラインに達しましたので損切り決済です。

-19.34pipsの損切りです。

ポンドドル15分足・FXトレード

FXトレードを振り返ってみて

エントリー後に相場が上下することにかなり慣れたように思います。レジスタンスラインやサポートライン、サポレジラインはトレーダーによって異なります。

自分が引いたラインに相場が到達していなくても反発したり、引いたラインが全く意識されずに突き抜ける場合がありますので注意が必要です。

今回のトレードはダブルトップから相場は下降すると思い込み、さらに欲張りすぎた結果の損切りでした。エントリーは常に反発したポイントを狙いたいと思います。

<スポンサードリンク>

GBP/USD・ポンドドル・15分足FXトレード・3回目

時間足別の相場状況

  • 日足→ノントレンド(下降トレンドへ移行中)
  • 4時間足→下降トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

エントリーの根拠

レジスタンスラインを一旦超えた後に再び上昇し、反発して下降し始めたポイントで売りエントリーです。トリプルトップ(三尊天井)が成立。

ポンドドル・15分足・FXトレードトレード

エントリーに対する損切り幅

売りエントリーに対する損切り幅→12pips

決済の根拠

レジスタンスラインに到達しましたので決済です。中期足から短期足まで下降トレンド(下げダウ)が成立していますので、エントリーポイントさえ間違えなければ利益は出せると思っていました。

トリプルトップが成立し、レジスタンスラインで何度も反発しているポイントを突破し、一旦戻って反発したので売りエントリーです。無事に利益を出すことが出来、21.04pipsの獲得です。

FXトレードを振り返ってみて

3度めの正直でポンドドルの売りエントリーです。下降トレンドが崩れずに相場が推移していましたので、損切りで失敗したとしてもチャンスはあると思っていました。

諦めずに売りエントリーポイントを模索したことで小さな結果を出すことが出来ました。

2019年2月11日のFXトレード結果

  • GBP/USD→19.71pips
  • GBP/USD→-19.34pips
  • GBP/USD→21.04pips
  • 合計→21.41pips

本日の相場格言

当たり外れは世のならい
値動きのある相場は「当たる」こともあれば「外れる」こともあります。いつでも全勝という人は誰もいません。その心理を「世のならい」と提言しています。トレードの本質は、逆説的に言うと「外れ」を受け入れることにあるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください