日足レベルのレジスタンスライン付近は相場が荒れやすい│2019年2月7日

FXトレード画像

2019年2月7日のトレードノートです。通貨の強弱はUSD>JPY>CHF>EUR>AUD>GBP>CADの順です。

FX通貨強弱

USD/JPY・ユーロ円・15分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→ノントレンド
  • 4時間足→上昇トレンド
  • 1時間足→上昇トレンド

ドル円・日足チャート

ドル円の日足チャートは安値を切り上げ、高値更新へ移行する途中ですが、まだ上昇トレンドの確定はしていません。

レジスタンスラインにすでに何度か反発していますので、レジスタンスラインを抜けたら買いエントリーです。

ドル円・日足・FXトレードトレード

ドル円・4時間足チャート

直上のレジスタンスラインに何度も反発していますので、レジスタンスラインを超えると買いが増えます。

ドル円・4時間足・FXトレード

ドル円・1時間足チャート

何度も反発しているレジスタンスラインを一旦超えました。下記の画像のように、上昇した後で押し目をつけて下降し、再び上昇すれば大きく伸びる可能性があります。

ドル円・1時間足・FXトレード

エントリーの根拠

何度もアタックしているレジスタンスライン付近を越えたためエントリーです。

エントリーに対する損切り幅

買いエントリーに対する損切り幅→12pips

決済の根拠

損切りポイントに到達したので損切り決済です。-12.49pipsの損切り決済です。

FXトレードを振り返ってみて

4時間足レベルのレジスタンスラインに何度も反発している付近は、相場が荒れやすいことを経験しました。

レジスタンスラインを超え、一旦下がってもう一度ラインに反発した時点でエントリーを心がけます。

レジサポ逆転

2019年2月7日のFXトレード結果

  • USD/JPY→-12.49pips
  • 合計→-12.49pips

本日の相場格言

大衆は天井を買い、底を売る
株や仮想通貨などの上昇トレンドが続くとニュースになり、日頃トレードしていない人も相場に参加します。ニュースを見て素人の大衆が参加してくる時点で天井に達していることがよくあります。

その後、下降トレンドに入り低迷相場が続きます。含み損が拡大していくのに嫌気をさして売ったら、そこが底値なのは大衆がやりがちな行為です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください