勝ちやすい相場で恥ずかしいトレード連発・2勝2敗・-12.81pipsの損切り・2018年8月23日│FXトレードノート

トレードノート

2018年8月23日のトレードノートです。強固なレジスタンスラインに何度も反発しているユーロ円です。反発して下がりますが、再び上昇しますので勝ちやすい相場です。

EUR/JPY・ユーロ円・1分足FXトレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→下降トレンド
  • 4時間足→レンジ
  • 1時間足→レンジ

ユーロ円は日足レベルでは下降トレンドですが、4時間足と1時間足レベルは上昇トレンドからレンジへ移行していました。何度もレジスタンスラインに反発して上昇しようとしていますので、かなり売り圧力は強い状況です。

ユーロ円・日足

相場環境としては悪くない状況の中、買エントリーしましたが戻り売り(ダマシ?)によって損切りです。損切りしたあとに気づいたのですが、日足レベルのレジスタンスラインがあり、見事に反発されて相場は上昇しました。

-4.82pipsの損切りです。

全く俯瞰が出来ていないトレードです。直近安値を割れば下がる確率は極めて高いですが、チャートを俯瞰できていなかったので、サポートラインに気付かず

ユーロ円・1分足・FXトレード1

エントリーに対する損切り幅

買エントリーに対する損切り幅→5pips

決済の根拠

直近安値を割ったので損切り決済しました。ルール通りの損切りですが、テクニカル通りに相場が動くとは限りません。

2回目のユーロ円・エントリー

2回目のユーロ円エントリーです。レジスタンスラインを若干超えましたので、相場は伸びる可能性がありました。しかし、若干超えたのは誤差レベルだったので、相場はレジスタンスラインに反発し再び下降です。

-9.07pipsの損切りです。

ユーロ円・1分足・FXトレード2

エントリーに対する損切り幅

買エントリーに対する損切り幅→8pips

決済の根拠

前回のトレードと同じで、直近安値を割ったので損切り決済しました。2回連続負けましたので、本日のトレードは終了です。

3回目のユーロ円・エントリー

相場がレジスタンスラインを超えて一気に伸びたので、慌ててエントリーという一番やってはいけないトレードです。

次のレジスタンスラインまで伸びることは十分予想されましたので良かったですが、相当反省すべきエントリーです。

即決済しましたので恥ずかしながら0.41pipsの獲得です。

ユーロ円・1分足・FXトレード3回目

エントリーに対する損切り幅

買エントリーに対する損切り幅→23pips

4回目のユーロ円・エントリー

3回目のエントリーが終了した後、相場はサポートライン(レジサポ)まで下がってきましたので、反発を狙って買エントリーです。

買エントリーをしたものの上昇しない時間が続き、相場は三角持ち合い状態になりました。心理的に耐えきれずに決済です。獲得pipsは0.67pipsです。

ユーロ円・1分足・FXトレード4

 

2018年8月23日のFXトレード結果

  • EUR/JPY→-0.67pips
  • EUR/JPY→-0.41pips
  • EUR/JPY→-9.07pips
  • EUR/JPY→-4.82pips
  • 合計→-12.81pips

SBIFXトレード履歴

本日の相場格言

相場格言
下手なナンピンは怪我のもと
株や通貨を買って値上がりを待ちますが、逆に値下がることはよくあります。短期運用であれば損切りしますが、中長期運用の場合では、値下がりした価格でさらに買い足しをして平均購入単価を下げます。いわゆるナンピン手法です。更に値下がりすると、損失は拡大しますので「怪我のもと」と表現します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください