細かくトレードするFX・2勝1敗・7.57pipsの獲得・2018年8月15日│FXトレードノート

FXトレード

2018年8月15日のトレードノートです。トルコリラが一服しましたので、強いトレンドの発生はありません。レンジに入ることも予想しながらのトレードです。

EUR/USD・ユーロドル・1分足FXトレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→下降トレンド
  • 4時間足→下降トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

ユーロ円は長期足から短期足まで下降トレンド中ですが、少し相場が一服しています。大きなpipsは狙わずに、細かく収益をあげようと思いながらのトレードです。

ユーロ円・1回目のFXトレード

1回目のトレードは4時間足レベルのレジスタンスライン上で、ダウとグランビルの法則が成立しましたので売エントリーしましたが、損切り決済です。

損切りしたあとすぐに相場は下降して悔しい思いを一瞬しましたが、すぐに相場は上昇しました。いずれにしても損切りの結果です。

レジスタンスラインを一旦しっかりと抜けた後にトレードすべきだったと反省です。-15.77pipsの損切りです。

ユーロ円・1分足・2回目

エントリーに対する損切り幅

売りエントリーの損切り幅→15pips

決済の根拠

直近高値を超えましたので損切りしました。ルール通りの決済です。

ユーロ円・2回目のFXトレード

2回目のトレードは前日の安値に相場は何度もアタックしていて、さらにダウとグランビルの法則が成立しましたので、グランビルの法則の売買ポイント②で売りエントリーです。

13.39pipsの獲得です。

ユーロ円・1分足・FXとトレード

エントリーに対する損切り幅

売りエントリーの損切り幅→15pips

決済の根拠

1時間足レベル、4時間足レベルのレジスタンスラインが見えていましたので、予定通り一旦決済です。

ユーロ円・3回目のFXトレード

3回目のユーロ円トレードです。前日の安値を割り、下降トレンドの継続が予想されましたので再び売りエントリーです。

獲得pipsは9.95pipsです。

ユーロ円・1分足・FXトレードトレード3回目

 

エントリーに対する損切り幅

売りエントリーの損切り幅→15pips

決済の根拠

1時間足レベルのレジスタンスラインが見えていましたので決済です。1回目のエントリーから持ち続けるというトレードも有りですが、今回のように細かくトレードするのも悪くありません。

直近安値や高値を割るまで持ち続ける方が利益率が高いですが、私のレベルではストレス度が高すぎてしっくり厳しいです。年内ぐらいで、ダウ理論に基づいた持ち続けられるトレードに移行できればと思います。

2018年8月15日のFXトレード結果

  • EUR/JPY→-15.77pips
  • EUR/JPY→13.39pips
  • EUR/JPY→9.95pips
  • 合計→7.57pips

SBIFXトレード履歴

本日の相場格言

卵は一つのカゴに盛るな
一つのカゴに卵を入れた状態で落としてしまうと、全て割れてしまい大変なことになります。一つのカゴに盛らずに、複数のかごに分散しておくと大きな損害を被りません。投資に限らず、人生においても【分散】という考え方は大切です。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください