相場の伸びを見逃す悔しさ・0勝1敗・-12.82pips損切り・2018年8月3日│FXトレードノート

FXトレード

2018年8月3日のトレードノートです。損切り決済に終わりましたが、週足レベルのレジスタンスライン超えの相場の伸びを体感できました。相場は伸びても、途中から参加する知識がなかったので大きな利益を逃しました。

まだまだ知識と実行力が不足しています。

EUR/JPY・ユーロ円・1分足FXトレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→ノントレンド
  • 4時間足→下降トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

ユーロ円は日足でノントレンド、4時間足から短期足まで下降トレンドです。強力なジレスタンスラインを超えましたので、相場は一気に伸びています。

ユーロ円・日足

ユーロ円・5分足

4時間足と1時間足で下降トレンド、グランビルの法則・売買ポイント①でエントリーしましたが、戻り売りに巻き込まれて損切り決済です。

-12.82pipsの損切りです。

エントリーに対する損切り幅

10pips

ユーロ円・1分足・FXトレード

私が損切り決済したあとに相場は一気に伸びました。トレーダーの全員が経験したことがあると思いますが、決済後に相場が伸びたときの悔しさ…。私が損切り決済すると相場が伸びる印象が強いので、過去相場とトレードノートを確認して見たいと思います。

決済の根拠

設定していた損切りラインを若干オーバーして決済しましたので、ルールを破っています。「相場が下降に戻って欲しい」という願いが、損切りをずらしていまいました。

2018年7月31日のFXトレード結果

  • EUR/JPY→-12.82pips
  • 合計→-12.82pips

SBIFXトレード履歴

本日の相場格言

利食い千人力
エントリー後に含み益が膨らむとワクワクしますが、決済するまでは気が休まりません。値動きによっては含み益が一気に減ることはよくあります。決済のタイミングをどうとるか、むしろエントリーよりも難しいと言えます。そして判断の結果、決済して「利食い」に至ると「千人の味方」を得たような安堵感を得ることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください