損切りが大きく利益が小さいFXトレード・-5.58pipsのマイナス・10勝8敗・7/14~7/27の結果

FXトレード

2018年7月14日(月)~7月27日(金)・2週間のトレード結果です。

結果は10勝8敗・勝率55%、-5.58pipsのマイナス、期待値は-0.31pipsでした。

日付 勝敗 獲得pips
16日(月) 1勝0敗 10.51pips
17日(火) 1勝2敗 -11.89pips
18日(水) 2勝0敗 11.34pips
19日(木) 2勝0敗 17.14pips
20日(金) 1勝1敗 -16.62pips
23日(月) 1勝2敗 -7.94pips
24日(火) 0勝1敗 -5.09pips
25日(水) 1勝0敗 4.14pips
26日(木) 1勝0敗 10.86pips
27日(金) 0勝2敗 -18.03pips
合計 10勝8敗 -5.58pips

ダウ理論をマスターすればFX初心者でも稼げる

2018年7月14日(月)~7月27日(金)・2週間のトレード結果ですが、残念ながらマイナスで終了しました。勝数のほうが負け数より多いので、1回あたりの損切りが大きい状態です。

私の場合、基本的にチキン利食いが多く、損切りはルール通りに待てるトレードが多いので勝率が高くてもマイナスになります。

エントリーポイントによっては5~15pipsの伸びや20pips以上の伸びなどありますが、20pips以上の伸びが期待されるエントリーポイントでもビビって早く決済しがちです。

安値や高値更新されるまで決済を待つのが基本ですが、なかなか出来ていません。

大きな伸びが期待できるエントリーポイントは、相場環境がしっかりと把握できる実力がある人です。トレードをする際、相場環境の把握が7割以上と言われていますが、私はまだまだその領域に達していません。

ダウ理論やグランビルの法則が成立すれば、ついついエントリーしがちです。トレンドラインやレジサポラインまで引きつけてエントリーし、大きく利益を伸ばす試みが足りません。

来週はトレンドラインやレジサポラインに意識を集中し、エントリーポイントを十分に待つFXトレードを心がけたいと思います。

FXの可能性を感じる日々

サラリーマンを辞めて、派遣社員やアルバイトに従事しながら小さな商売をして生きてきました。昨年から仮想通貨にどっぷり浸かり、大きな含み損を抱えたままFXに転身しましたが、この判断は良かったと思っています。

昔から投資には興味がありましたが、チャートの読み方がさっぱりわからずに取り組めていませんでした。5月から必死にチャートの勉強を始め、累計ではマイナスにならずにFXトレードを継続できています。

自分で言うのもおこがましいですが、多くの方がプラスに出来ないままFXを継続していたり、大きな損を抱えてしまって相場から退場しがちです。

結構な回数のトレードをこなしてもマイナスにならずにFXトレードを私が継続できているのは、少しばかり実力がついている証拠です。FXトレードで毎月10万円以上の利益を継続して得る実力をつけるには、1年ぐらいの勉強と実践は必要でしょう。

まずは1ヶ月の利益を10万円、目標100pipsを目指してFXトレードを今後もトレードを継続します。

FXトレードで利益が出せない方は、ダウ理論とグランビルの法則を学べる維新流トレード術がおすすめ

FX初心者の方やトレードで利益が出せていない方の多くは、チャート分析の基本であるダウ理論とグランビルの法則を理解できていません。言葉は知っていても、実際にトレードの中で使っていない場合が多いので利益を出せていないと言えます。

チャート分析はダウとグランビルで始まり、ダウとグランビルで終わると言われるぐらい大切です。いろいろな商材に手を出すのも良いですが、基本ができていないと商材を買ってもトータルでマイナスになります。

ぜひ、この機会にダウ理論とグランビルの法則をじっくり学んでください。

ただ、ダウ理論とグランビルの法則を書籍だけで理解するのは難しいかも知れません。書籍だけで理解できなかったとしても、維新流トレード術の書籍には動画解説もあります。

維新流トレード術の書籍と動画をによってダウ理論とグランビルの法則を学べば、FX初心者はもちろん、勝てていないトレーダーの力になるのは言うまでもありません。

維新流トレードは多くの人に読んでもらいたい書籍です。(ちなみに無料です)

維新流トレード術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください