4勝2敗・3.71pips獲得・2018年5月7日のFXトレードノート│FXイン

FXイン│FXトレード

2018年5月7日のトレードノートです。

AUD/JPY・豪ドル円・1分足トレード

豪ドル円の1分足トレードです。日足、4時間足、1時間足とも下げていましたので、売(ショート)エントリーで入り、5.36pips獲得で決済しました。

この決済のあと相場はかなり下げ、持ち続けていれば30pipsほど獲得可能でしたが、あくまでも秒速スキャルのルールに従います。

素人の私が自分の判断で決済ポイントをずらして一時的に利益を得ても、過去相場の分析やバックテストを行っていない場合は失敗するでしょう。今はルールに従うときだと自分に言い聞かせています。

獲得pipsは5.36pipsです。

クリックで画像が大きくなります。

USD/JPY・ドル円・1分足トレード

ドル円の1分足トレードです。日足、4時間足、1時間足、1分足とも下げていたにも関わらず、サインツールに従って買エントリーしてしまい、すぐに損切りです。自分が相場のどこにいるかを見極めていませんでした。

あとから検証すれば、どうみても下降トレンドでしたが買エントリーしてしまっています。

獲得pipsは-10.5pipsです。

クリックで画像が大きくなります。

ドル円・1分足

日足、4時間足などでチャートを確認すると、トレンドラインを突き抜けるか否かの状態でした。1分足ばかりを見ていましたので、相場の大きな流れを掴めていなかったのが残念です。

クリックで画像が大きくなります。

ドル円・トレードノート

このトレードで気になったのは、損切りすると意外に効いてしまう点です。損切りには慣れているつもりでしたが、次のエントリーでロジック通りに行っても祈りながらのトレードでした。

AUD/JPY・豪ドル円・1分足トレード

豪ドル円の1分足トレードです。日足、4時間足とも基本は下げていましたが、押し目のときに売りサインが出て、サインどおりに売(ショート)エントリーしましたが損切りです、

秒速スキャルのロジックでは日足を重視しますが、押し目のときは4時間足、1時間足の方向を見てエントリーした方が無難な気がします。

獲得pipsは-7.33pipsです。

クリックで画像が大きくなります。

豪ドル円・トレードノート

AUD/USD・豪ドルドル・1分足トレード

豪ドル米ドルの1分足トレードです。今回のトレードも豪ドル円と同じで日足では下げていましたが、4時間足、1時間足では微妙でした。サインどおりにエントリーしましたが、膠着状態が続きました。

今回のエントリーは無事に利益確定できました。

クリックで画像が大きくなります。

AUDUSD

獲得pipsは7.46pipsです。

USD/JPY・ドル円・1分足トレード

午前中から午後にかけてのトレードで反省する点が沢山あったことを踏まえながら、午後のドル円1分足トレードに挑みました。

日足、4時間足、1時間足のトレンド方向を見極めながら、グランビルの法則に従ってトレードしたところ、無事に取ることが出来ました。

獲得pipsは8.26pipsです。

クリックで画像が大きくなります。

ドル円1分足

2018年5月7日のFXトレード結果

  • AUD/JPY→5.36pips
  • USD/JPY→-10.5pips
  • AUD/JPY→-7.33pips
  • AUD/USD→7.46pips
  • USD/JPY→8.26pips
  • USD/JPY→0.46pips
  • 合計→3.71pips

SBIFX・獲得pips

トレードの反省と次回のトレードに向けて

ツールでエントリーサインが出ても、必ず利益がとれるわけではありません。自分なりの見極めやバックテストがかなり必要だと感じます。

秒速スキャルはグランビルの法則やエントリーや決済ポイントをわかりやすく解説しています。しかし、絶対ではありません。

やはりトレンドを見極める力をつけないことには、どんなツールやロジックも役には立ちません。

例えば下記のチャートでは、下落トレンドであっても、戻り売りの際は一時的に上昇トレンドです。この時に売(ショート)でエントリーすると損切りです。

エントリーする際は、自分がどこにいるかを常に確認することが大切だと、今日のトレードで痛感しました。

クリックで画像が大きくなります。

下落トレンド・戻り売り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。