チキン利食いが少し解消されたFX・2勝0敗・17.14pips獲得・2018年7月19日│FXトレードノート

FXトレード

2018年7月19日のトレードノートです。今週のトレードは以前のトレードとは異なり、出来る限り長く持つようにしています。

「直近の高安値を更新したら決済」という王道のFXトレードに近づけらたと思っています。

EUR/JPY・ユーロ円・1分足FXトレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇トレンド
  • 4時間足→上昇トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

グランビルの法則・売買ポイント①、トレンドラインの反発からのエントリー

ユーロ円の日足と4時間足はまだ上昇トレンド中ですが、時間足は下降トレンドに入っています。昨日に4時間足は直近安値を一旦割った後に上昇という押し目を作りました。

これから4時間足、日足も下降トレンドに入るのか、上昇トレンド中の大きな押し目による下降なのかを意識しながらのFXトレードです。

ユーロ円・5分足FXトレード

きちんとトレンドが発生していない状態でのエントリーでしたので、心が穏やかではありませんでした。売りエントリーのレートとほぼ同じ数字で決済です。(0.15pipsの獲得

決済の数分後に相場は下がるという悲しい状況を迎えました。

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

全くもってルール通りではありません。

トレードしたときの心境

最低でも4時間足でトレンドが発生若しくは、4時間足・1時間足とも同じ方向にパラボリックが発生している状態でエントリーしないと、やはり不安で仕方がありません。

4時間足でトレンドが発生した後、若しくは4時間、1時間ともパラボリックが発生した時点で、再度売りを検討したいと思います。

良かった点と悪かった点

私はトレンドフォローのトレードをしていますので、4時間足に対しての逆張りはまだ厳しいようです。4時間足でトレンドラインは引けていますが、やはり直近安値をきちんと更新したのを確認してのトレード、若しくはパラボリックが同じ方向に向いている状況でトレードをしようと思います。

ユーロ円・4時間足・FXトレード

パラボリック

EUR/JPY・ユーロ円・1分足FXトレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇トレンド
  • 4時間足→上昇トレンド
  • 1時間足→下降トレンド

4時間足・1時間足のパラボリックが下降トレンドを表示したため売りエントリー

本日1回目のトレードで4時間足は上昇、1時間足は下降の相場でFXトレードしたため、モヤモヤとしたトレードでした。今回は4時間足、1時間足ともパラボリックが下降トレンドでしたので売りエントリーです。

ユーロ円・1分足・FXトレード

獲得pipsは16.99pipsでした。

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

歌舞に日足レベルのレジスタンスラインがありますので、相場が反発することを予想していました。15pipsは取りたいと思っていましたのでまずまずの結果です。

トレードしたときの心境

日足、4時間足と1時間足をじっくり検証した後のトレードでしたので、ある程度自信がありました。自信はありましたがエントリー後に上昇してハラハラしましたが、いつものことです。

良かった点と悪かった点

10pips利益が出た時に決済したくてたまりませんでした。利益を伸ばすことを課題としていますので我慢して持ち続けました。

4時間足のレジスタンスラインに達してから決済するのが目標でしたが、寸前で決済しました。以前の自分であれば、もっと早い時点で決済していましたが、今日のFXトレードは我慢に我慢を重ねることが出来ました。

チキン利食いの完全解消まではまだまだですが、ほんの少し解消されたように思います。

2018年7月19日のFXトレード結果

  • EUR/JPY→16.99pips
  • EUR/USD→0.15pips
  • 合計→17.14pips

SBIFXトレード履歴

本日の相場格言

トレンドに逆らうな
トレーダー全員が標語にすべき相場格言です。トレンドフォローはFXチャート分析において欠かせない方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください