FXのエントリーポイントでは自分の知識を限界まで動員する│2019年2月20日│FXトレードノート

FXトレード画像

2019年2月20日のトレードノートです。本日の経済指標はFXトレードに大きな影響はなさそうです。

発表時間 指標 前回変動幅
08:50 日本通関ベース貿易収支 +1.15pips
17:00 南ア。消費者物価指数 -3.9pips
21:00 アメリカ・MBA住宅ローン申請指数 +3.5pips

EUR/JPY・ユーロ円・1分足FXトレード

時間足別の相場状況

  • 日足→上昇トレンド
  • 4時間足→上昇トレンド
  • 1時間足→上昇トレンド

ユーロ円・日足チャート

ユーロ円の日足チャートはジワジワと上昇しています。前日の日足の高値超えをすると、更に伸びる可能性があります。

ユーロ円・日足・FXトレード

ユーロ円・4時間足チャート

ユーロ円・4時間足・FXトレードトレード

ユーロ円・1時間足チャート

安値・高値更新して上昇ダウが成立、上位足からの下降トレンドライン超えとレジスタンスライン超えによって伸びました。伸びた後に反発して下がり、反転して上昇に向かいつつあります。

ユーロ円・1時間足・FXトレード

ユーロ円・15分足チャート

レジスタンスライン超えで買いエントリーしたかったのですが、タイミング逃してしまいました。その後、相場は一気に40pipsほど上昇してしまい、なかなかの悔しさでした。

エントリー前は集中してチャートを監視しないとチャンスを逃してしまいます。

ユーロ円・15分足失敗

エントリーの根拠

ユーロ円の買いエントリーですが、非常に弱い根拠です。40pipsほど相場が伸びた後、20pipsほど下がり再び上昇するだろうと思い買いエントリーです。

エントリーに対する損切り幅

買いエントリーに対する損切り幅→13pips

決済の根拠

相場の伸びが感じられなくなり不安になったため、マイナスになる前に決済です。

5.33pipsの獲得です。

ユーロ円・15分足チャート

15分足の移動平均線よりも相場が下の状態が続き、伸びる可能性に不安を感じていました。

ユーロ円・15分足

ユーロ円・15分足チャート・2回目

ユーロ円の買いエントリー2回目です。2回目の買いエントリーをした根拠は、15分足チャートの移動平均線を相場が超えたのと、安値を確定させて更新し、トレンドラインの上部に相場が位置したためです。

  • 15分足チャートの移動平均線を相場が超えた
  • 相場が直近安値を確定させ更新
  • トレンドラインの上部に相場が位置

FXトレードを振り返ってみて

根拠が弱いFXトレードは、決済時期まで狂わせてしまいまうと感じました。根拠が強いエントリーの場合、少々相場が上下しても動じません。

今回のトレードのように「多分伸びるだろう」という根拠では、相場の動きに心がもっていかれてしまいました。根拠が弱いポイントでのエントリーは見送り、次のエントリーチャンスを待つのが正解です。

次のユーロ円・15分トレードではエントリーポイントでは根拠が強く、上昇するのが十分に見えましたので、心が惑わせることなくFXトレードが出来ました。

上部にレジスタンスラインが控えていましたので、相場が一旦伸びて少し下がってきたところで決済です。

11.92pipsの獲得です。

ユーロ円・15分足

2019年2月20日のFXトレード結果

  • EUR/JPY→5.33pips
  • EUR/JPY→11.92pips
  • 合計→17.25pips

本日の相場格言

相場は明日もある
相場は明日も明後日も続きます。トレードチャンスを逃しても、損切りしたとしても明日のトレードに力をためておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください