破滅の予感がするFXトレード・0勝2敗・-21.11pipsの損切り・2018年6月27日・FXトレードノート

FXイン│FXトレード

2018年6月27日のトレードノートです。FXトレードをはじめて2ヶ月弱ですが、はじめて破滅がよぎりました。

GBP/JPY・ポンド円・1分足FXトレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→ノントレンド
  • 4時間足→下降気味
  • 1時間足→レンジ

ポンド円・4俯瞰足

明確なトレンドが発生していない状況でのエントリーは無謀

先日、FXトレードが出来なかったので、今日こそはと思いFXチャートとにらめっこしていました。私のトレード手法はトレンドが発生した方向に沿ってトレードしますので、明確なトレードが発生していない状況ではエントリーしません。

にもかかわらず、下降気味の戻り売りのように見えましたので売エントリーですが、見事に玉砕されました。

-15.31pipsの損切りです。

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

直近安値を損切りラインとしていましたので、問題なく損切りできました。しかし、相場環境をきちんと把握していなかったのは大きな失敗です。

トレードしたときの心境

不思議なものでチャートは自分の都合のいいように見えてしまいますね。客観的な出来事を自分の都合のいいように解釈することをカーブフィッティングといいますが、今回のトレードはまさに当てはまります。

トレンドが発生していないときはFXトレードしないルール」を破ってしまいました。

良かった点と悪かった点

トレードがまともに発生していない状況でトレードしている時点で失敗です。仮に損切りではなかったとしても、トレードとしては宜しくありません。

やはりトレンドが明確に発生する状況まで待ってからトレードするのが王道です。

注意
トレンドフォローでは明確なトレンドが発生していな時点ではエントリーしない

GBP/JPY・ポンド円・1分足FXトレード

エントリーの根拠

時間足別の相場状況

  • 日足→ノントレンド
  • 4時間足→下降気味
  • 1時間足→レンジ

明確なトレンドが発生していない状況でのエントリーは無謀・第二弾

前回のマイナストレードを取り戻したいがために、グランビルの法則が成立した途端にエントリーしてしまいました。「トレードが発生していない状況でエントリーは行わない」をまた破っています。

それほど今日はマイナスを取り返したい気分でしたが、途中で嫌な予感がしましたので損切りです。

-5.80pipsの損切りです。

ポンド円・1分足・FXトレード

決済の根拠

ルール通りに決済できたか

エントリー、決済ともルールを完全に無視したトレードです。

トレードしたときの心境

マイナスを妙に取り戻したい気分にかられてしまい、長期足から短期足までトレンドが明確に発生していない状況でトレードしました。当然、相場がどちらに向かうか不安でいっぱいです。

そんなときはやはり損切りに終わります。

良かった点と悪かった点

こうした自分に都合が良いトレードが破滅を導くような気がしました。数千万円を毎日扱っているプロの個人トレーダーでも、すべての財産をトレードで失う事例は沢山あります。

心の動揺によって、人間は当たり前に出来ていたことが出来なくなります。

今日のFXトレードは自分の心の動揺が破滅を導くことを実感しました。

2018年6月27日のFXトレード結果

  • GBP/JPY→-15.31pips
  • GBP/JPY→-5.80pip
  • 合計→-21.11pips

SBIFXトレード履歴

トレードの反省と次回のトレードに向けて

明日の相場状況に寄りますが、トレンドが発生していなければFXトレードは行いません。上位足から短期足まで明確なトレンドが発生している状況でのみトレードを行いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください